http://www.mononofukougei.com










組 合 に つ い て
 有限責任事業組合武士工芸(以下、LLP武士工芸)は、創作工芸工房『武士工藝』を運営する、ものづくり共同事業のための団体です。
 LLPは、民法上の組合規定の特例として位置付けられており、2005年8月施行の有限責任事業組合法により、規定されています。
 当組合は、日本人の感性が生み出す無形資産を、積極的に活用し、日本独自の新しい産業につなげる試みに取り組んでいます。

 LLP武士工芸について

神奈川県を基点に活動する工芸工房です。主に日本刀の修復を行っています。また、日本古来の伝統工芸技法の新しい活用法の模索や刀剣文化を伝える活動を行っています。  実績

*:弊社はあくまで工芸技術を継承する伝統工芸工房ですので、刀剣類の販売は行っておりません!骨董価値を有する刀剣類のご購入などのご相談は、最寄の刀剣商まで足をお運び下さい。

 LLP武士工芸の目的

日本独自の文化の活性化を推進し、文化の保護継続ばかりでなく、新しい発展を目指しています。  展望


代表紹介: 大塚 寛信 Otsuka Kanshin
1996年〜2001年:柄前師に師事(柄前製作技法習得)
1998年〜2001年:製薬会社海外事業部勤務
2001年〜:柄前師として独立、美術刀剣拵工作工房設立
2002年〜2007年:研師に師事(研磨法習得)、CRO勤務
2007年〜2010年:CRO(医薬品開発受託機関)取締役兼CTO就任
2007年〜:研師として独立、LLP武士工芸設立
2011年〜2014年:日本刀文化振興協会幹事、同武具甲冑調査委員
2015年〜:横浜刀剣会(日本美術刀剣保存協会横浜支部)会員

地域振興活動 (地域ブランド力の積極的な向上)
地域に根付く伝統工芸を活用し、町興し・村興しに繋げるご提案を続けています。

 ●地域社会における伝統工芸の積極的な活用

 ●工芸職人と行く「トレッキング+考古学」の旅


武家暮らしのご提案
現代生活に古き良き時代のライフスタイルを取り入れて、文化や伝統を大切にするこころを育成し、次世代への文化の橋渡しに繋げる活動を続けています。
 
各種講座や体験イベントを、定期開催中です

ものづくりを教育に活かす取り組み
日本独自・伝統工芸独自のものづくり体験プログラムをご提供しています。文化や伝統の大切さを、手を動かすことで体験するまたとない機会の創出に取り組んでいます。
詳細は、募集中まで。
   Copyright 2007〜 Mononofu-kougei All rights reserved